名古屋夜間動物救急センターでうさぎを診てもらう!治療や料金は?

うさぎ食欲不振 うさぎの病気・ケガ

名古屋夜間動物救急センターはうさぎも診てくれる

名古屋夜間動物救急センター

名古屋夜間動物救急センター

大須にある夜間動物病院「名古屋夜間動物救急センター」は、うさぎも診てくれます。

 

診療時間が21:00~2:00(電話受付は20:30~1:30)のため、かかりつけに行けない時間帯にうさぎの具合が悪くなったときに駆け込むことができます。

こちらの記事では、名古屋夜間動物病院に行く際の注意事項と料金について解説します。

 

うさぎの症状は何回でも説明できるようにしておく

夜間病院に行く際、電話、受付、診察時にうさぎの症状を伝える必要があります。

 

  • 食欲の有無、食べてない場合はいつから食べてないのか
  • うんちとオシッコの有無
  • おやつはあげているか、あげている場合はどんなものか
  • 気になるうんちやオシッコをしている場合は採取して持っていく

 

駆け込むときの注意事項

「夜間に行こう!」と思ったら、支度を始める前に電話することをお勧めします。

 

電話だけは先にしておき、後は行くだけの状態で準備を始めた方が安心です。

 

夜間は緊急性の高い動物たちが遠くからも来ており、混んでいます。

到着しても受付に誰もいないことがあります。

 

そんなときは非常にバタバタしており、声をかけることがはばかられる状況です。

 

わたしが行ったときはまさにそんな状況だったので、受付に置いてある問診票に勝手に記入して待っていました。

多少のあつかましさが必要です。

 

スポンサーリンク

 

名古屋夜間動物救急センターに行くときの準備

夜間動物病院に駆け込む際に準備が必要です。

落ち着いて支度して、忘れ物のないように行きましょう。

 

  • どうぶつ保険に入っている場合は保険証 アニコムは使えました。
  • 現金・クレジットカード 支払いが普段の病院に比べて高額になります。カード払い対応。
  • かかりつけで薬を出されている場合は薬
  • かかりつけの診察券 提出の必要はありませんが、書類に書く項目がありますので念のため

 

診療時間

診察時間 21:00~2:00

電話受付時間 20:30~1:30

 

診療に行く前に必ず電話する

病院に到着した後スムーズに診療してもらうために、必ず電話で連絡してから向かいましょう。

 

まずはうさぎを診て欲しい旨を伝えます。

その後症状をひととおり伝えますが、病院の方から「犬猫専門のためうさぎには応急処置しかできない」ことを伝えられます。

 

我が家は二代目ぶりさんと現役のおはぎがおせわになりましたが、2回ともおなか詰まる系でした。

夜間で診てもらえなかったら命を落としていたレベルのものです。

夜間病院で診てもらってから、無事元気を取り戻しました。

 

うちのうさぎたちがしてもらった応急処置は、レントゲン、痛み止めの注射、皮下補液などです。

骨折など他の症状の場合でも、まずは電話で確認しましょう。

 

料金についても確認することができます。

質問があれば全て電話で尋ねておきましょう。

 

TEL 052-263-9911

 

スポンサーリンク

 

名古屋夜間動物救急センターの料金と支払い

2019年12月に、うちのおはぎが行ってかかった金額を例として紹介します。

すべて税抜き価格です。

夜間のため高額になりますが、クレジット払い対応です。手元不如意でもなんとかなります。

 

うちのうさぎが受けたものだけですし、症状によって診察内容が変わります。

初診料以外は電話で聞いてもわかりません。

診てみないと、どんな治療をするかわかりませんので…。

 

こちらは、「6時間以上食べてないのに胃に内容物があり、腸にガスが溜まってきている」と夜間で診断されたうちのおはぎにかかった料金です。

あくまでも参考としてご覧ください。

大事なことなので繰り返しますが、あくまでも参考です。

 

初診 8000円(これは固定)

レントゲン撮影1爆射目 6000円 2爆目以降1爆射につき1000円

注射皮下 1500円×2

皮下補液 2000円

 

この中で必ずかかるものは初診料です。

他のものは治療によって変わってきます。

 

なお、我が家はかかりつけが「名古屋市獣医師会会員病院」のため、3000円割引がありました

 

それでも合計18700円です。ヒィ…

アニコム使って9350円でした。オォウ…

 

スポンサーリンク

 

名古屋夜間動物救急センターの治療とその後

夜間病院に到着したら、受付で問診票を書きます。

どうぶつ保険に入っていたらそのときに保険証を提示しましょう。

 

かかりつけ医を書く欄があります。

獣医師会会員の場合は割引になりますし、診断結果を夜間の先生がかかりつけ医にメールしておいてくれますので、翌日の診察がスムーズです。

しっかり書きましょう。

 

診療はあくまでも応急処置

電話でも言われますし、診療のときも言われますが、夜間動物病院でしてくれることはあくまでも応急処置です

 

うさぎが元気になっても、翌日かかりつけ医に行くことが必要です。投薬の必要があってもお薬は夜間では出してくれないためです。

 

診療終了後、診察内容の書類と、レントゲンを撮った場合はデータを、封筒に入れて渡してくれます。

それを持ってかかりつけ医に行きましょう。

 

今回は、おはぎのかかりつけ医が獣医師会会員だったため、メールで先に連絡が行っており大変スムーズでした

午前中行ったのですが、「メール来てたよ」とかかりつけの先生はおはぎの症状を把握してくれていました。

しかし、二代目の子のときはかかりつけ医がなかったため、その封筒を持って翌日うさぎを診てくれる病院を探すことになりました。

 

夜間病院から帰ったら、おはぎはすぐ元気になりました。

しかし本翌日午前中かかりつけ医に行ったところ「腸閉塞を起こしていた」と言われ、血液検査と投薬治療をすることになりました。

 

夜間に行ったときの記事です。

うさぎが食欲不振?元気がない?病院に行くタイミングの見極め方
うさぎの食欲がない、元気もない…病院に行くべきか様子を見るべきか、悩みますよね。うさぎの様子がおかしいと飼い主さんが感じ、どうしようと迷うときは、病院にすぐ行くべきです。うさぎの命を守ることができるのは、わたしたち飼い主なのです。

 

アニコムなど保険を使うときの注意点

夜間病院ではどうぶつ保険が使えます。

 

わたしはアニコムの50%負担に入っており、だいぶお安くなりましたが注意点があります。

 

アニコムの場合は、保険適用は1日1回。

 

夜間病院で精算したときは午前0時を回っており、かかりつけ医に行くのは日付的に同日です。

どちらで保険適用にするか選択しなければなりません。

わたしは「夜間は初診料がまず高いからなー」と思い、合計も夜間の方が高額だろうと夜間で保険を使いました。

 

しかし、かかりつけ医でする治療内容と薬によっては、かかりつけ医の方が高額になる可能性もあるのです。

こればかりは、夜間で精算しているときに「どちらが高いですかねぇ」と聞いても看護師さんも先生もわかりません。

じっくり考えましょう。

 

ちなみに今回、わたしの判断は合っていましたセーフ…。

 

夜間の方が高額になりがちですが、獣医さんによってはカード払いできないところもあります。

現金が心もとないときは、夜間は保険なし、かかりつけ医で保険適用というのもひとつの手だと思いますが…いくらかかるのか見当がつきませんから…ギャンブルですね…。

 

スポンサーリンク

 

名古屋夜間動物救急センターでうさぎの命が助かった

夜間はかかりつけ医に比べるとかなり高額です。

 

連れて行きたいけど高いし…と戸惑いますが、電話で聞けることには限度がありますし、うさぎの体調不良は一秒を争う緊急事態です。

 

可愛いうさぎを死なせてしまうことはしたくありませんよね!

クレジットカードを握り締めて夜間に駆け込みましょう。

 

【名古屋夜間動物救急センター】の地図・料金・時間

※2019年12月に、「夜間動物緊急診療所」は「名古屋夜間動物救急センター」に名称を変更しています。

〒463-0011
名古屋市中区大須4-12-21 名古屋市獣医師会館1階
TEL 052-263-9911

駐車場有(無料) 建物に併設してある「患者様用」と書いてあるスペースです。3台くらいなので、混んでいたら近隣のコインパーキングを利用しましょう。近いし、夜間なのでそんなに高くないです。

料金 初診料 8000円スタート

診察時間 21:00~2:00 電話受付時間 20:30~1:30

 

名古屋夜間動物救急センター | 公益社団法人 名古屋市獣医師会
公益社団法人名古屋市獣医師会の夜間動物緊急診療所についてご紹介します。

 

おはぎ
おはぎ

ぼくらは びょういんきらい!

でも ちゃんとたすけてね!

よんでくれて ありがとう!

 

関連記事

うさぎの病院おすすめの選び方|うさぎを任せられる病院を探そう
うさぎの病院おすすめの選び方です。診療科目にうさぎとあってもしっかり正確にうさぎを診てくれる病院とは限りません。こちらでは、きちんとうさぎを診てくれるかどうか判断する方法を解説します。頼れる先生を見つけてうさぎの命を守りましょう。
ウサギスタイルへようこそ
うさぎの飼い方(牧草・えさ・病気・お世話など)を中心に、おでかけスポット、カフェや飲食、おはぎ日記や飼い主の雑記などをつづったブログです。おでかけや飲食は愛知や名古屋中心です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました